1月の行動に落とし込む読書会『生きていくあなたへ』

Pocket

今月も「行動に落とし込む読書会」へ。

月の恒例行事です。

 

 

簡単に内容を書くと、

 

・各自持参した本について紹介

・1か月にやりたいこと(行動目標)を宣言:本に関係してもしなくても良い

・借りたい本を指名する(ビブリオバトル)

 

それぞれの間におしゃべりを挟みながら、ゆるゆると楽しく進んでいきます◎

 

 

過去の記事はこちら

 

今週の一冊『〆切本』

 

11月の「行動に落とし込む読書会」

「行動に落とし込む読書会」@東京

 

今月のラインナップはこちらでした。

 

パッと見てどんな本なのかイメージが付く本もあれば、考えさせられる本もあり。

毎月の楽しみ、「何でこの本を選んだか話」も楽しかったです◎

 

 

私が紹介した本は、日野原重明先生名義の最期の書籍とされる『生きていくあなたへ』

 

”再生医療”や”延命治療”といった医療制度に関することから、

”死ぬことについてどう思うか”といったパーソナルな内容まで、

多岐にわたる質問に対しての言葉を書き起こされた一冊です。

 

 

文中にも「最期の言葉を伝えたい」と書かれており、ご自身の死期を自覚されたうえでのインタビュー集とされています。

 

実際に、インタビューの場は様々で、時にはベッドサイドで横たわりながらの語りも含まれています。

 

 

書き起こし文の特徴でもありますが、直接話しかけられているような感覚が味わえました。

読んでいる間は、自分もそうですが、周りの時間も止まっているような感覚だったのが不思議です。

 

 

サラッと読もうとそれば、きっとすぐ読み終われます。

 

そんな中でも手が止まるページがいくつかあり、自分の中での引っ掛かりに気づかされました。

 

 

研究室にいると死生観についての話が出ることが多く、実家でも普通に話すことが多いのですが、

 

普段、自分を含めて誰かの死生観に触れる機会が少ない方にも、ぜひ読んだ感想を伺いたい。

 

そう思って持参しました。

 

 

 

近くのカフェでごはんも食べて、夜からの仕事へ向かいました◎

 

来月も楽しみにしています!

 

 

Holistic Care Lab. nanaichi(ナナイチ)

お仕事帰りでも大丈夫◎終電まで営業の駅近ケアルーム
~温かさを巡らせ、ぐっすり眠れるからだ作り~
オーダーメイドのアロマトリートメント、リフレクソロジー、ヘッドマッサージ
【アクセス】西武池袋線大泉学園駅 徒歩約3分
(東京都練馬区:お申し込み後にお知らせします。)
【営業時間】13時~24時頃 ※終電まで対応いたします。
【定休日】不定休(ご予約状況をご参照ください)

メニュー・ご利用料
最新ご予約状況
◆ご感想
ご予約・お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA