精油の安全性を考える~0-2. 私が思う原液使用

Pocket

問題意識を持っている人は持っている、という状況の【精油の原液使用】について。

 

前回の記事はこちらから。

セミナーに行ってきますと言う記事なので、読まれなくても大丈夫です笑。

 

 

こちらのイベント、セラピストさんにもご関心のある方は多いかと思います。

 

 

まだ参加前ですが、私が過去に発信した内容を整理しておきます。

もしかしたら参加後は変わるかもしれないですからね。記録です。

 

ムフフ。という香り。

 

 

私の立場としては、過去にも書いてまいりましたが、基本的には原液使用には反対です。

 

 

アロマスクールで先生に言われたから、本に書いていたから。

それもこの考えに至った要因の一つです。

 

でもそれだけを根拠にして主張するのは、ロボットでもできます。

 

 

せっかく人間として過ごしていますし、言われたこと、書かれていたことの妥当性を検証することが大事だと感じています。

 

そのうえで改めて言っておきますと、基本的には原液塗布には反対です。

 

例外はあります。でもブログ上は反対です(しつこい!?笑)。

 

 

この件については、過去に何度か触れたことがあります。

過去記事:スッキリの起業女子特集で気になったこと

 

 

誰が読んでいるのかといった本ブログですが、この記事をアップした後に

原液のすばらしさ、メディカルグレード(流行っているのかな?)についての熱いメッセージを匿名でいただいたりもしました。

 

 

読んでみてなおのこと「やめときなはれや(関西人)」と思いました。

純粋な興味から質問してみたところ、「〇〇に~~と言われたから」の一点張りだったのも、その理由の1つ。

 

先ほども書いたのですが、意思のないメッセージには反応のしようがありません。

 

 

聞いたこと、読んだこと、見知ったことについて、自分で咀嚼して生まれた考えを掬い取り、照合したり検証したりする。

その工程は一見面倒ですが、大事なことです。自戒を込めて。

 

(ちなみに精油に関して、メディカルグレードや医療グレードという等級は2018年9月21日現在ございませんので、ご注意を。)

 

 

もう少し原液塗布についての考えを加えておくと、

 

大人はそれで体調に支障をきたそうが、何万歩か譲って自己判断・自己責任と言えなくもないのかなとは思います。

私のお客様や身近な方以外でもし痛い目を見ている人がいても、「知らんがな」で済ませられるかも。

 

でも、身体の機能が未発達な子どもに対して塗り付けるのは絶対に止めてほしい。です。

 

そして、子どもさんの心身を良くしたい、何かしてあげたいと思う人の気持ちを利用して

安全な方法を案内しない者に対しては、憤りを感じますね。

 

「知らなかったから」ではないですよ。悪気のない悪質さもありますから。

 

 

リスクを冒してたっぷり精油を使ってもらって、得をするのは誰だろう。

 

お薬でも「用法用量を守って正しくお使いください」と言いますよね。

精油になったら何でもありでしょうか?

 

自然の物は何でも安心かというと、そんなことないですよね?

(例えば、漆や花粉のアレルギー、キノコの毒などはある意味天然由来。)

 

 

といった感じで、これまでそういった意思表示は内輪向けにコソコソ発信していたり、

最近自分の中で主流のインスタグラムでは、タグに混ぜて刷り込むという笑。

こちらもこっそりと主張しておりました。

 

nanaichi インスタグラム(@nanaichi0141)にて。

 

 

コソコソしすぎていたので、今後はブログでも書いていきますね。

 

 

追記:9/22にセミナーに行ってまいりました。

書きたいことが多すぎるのと、諸般の事情で10/8(月)のアロマセラピー学会後に

アップさせていただきます^^

 

 

Holistic Care Lab. nanaichi(ナナイチ)

お仕事帰りでも大丈夫◎終電まで営業の駅近ケアルーム
~眠る前に、温かい血を巡らせる~オーダーメイドのアロマトリートメント、リフレクソロジー、ヘッドマッサージ【アクセス】西武池袋線大泉学園駅 徒歩約3分
(東京都練馬区:お申し込み後にお知らせします。)
【営業時間】13時~24時頃 ※終電まで対応いたします。
【定休日】不定休(ご予約状況をご参照ください)はじめての方へ
メニュー・ご利用料
最新ご予約状況
ご感想
ご予約・お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA