誰にとっても指先のケアは要!

Pocket

寒さを感じるとともに,乾燥が気になる時期になりました。

 

全身どこも乾燥しやすい時期ではありますが,今回は,「指先」について。

 

 

私含めたセラピストにとって,指先や手のケアは当たり前。

 

カサカサの指先や,ささくれが目立つ人にマッサージされると思うと,恐ろしいですよね。。

 

 

体質でやむを得ないこともあることは知っていますので,一概に何か言うつもりはありません。

 

ただ,ケアを怠ったが故のカサカサ指先については,できることがあるのに・・・と言いたくなってしまいます。

 

 

 

セラピストに限らず,指先はむき出しになっていることが多いです。

そのため,こんな形でふと目に触れる機会が多いです(老若男女限らず)。

 

また,マッサージやトリートメントに関わらず,こんな形で手が触れることもあると思います。

 

さらに,意図しなくても何かのタイミングで,指が人の肌に触れることもあると思います。

 

 

そんな時にガサガサの手をしていると,その一瞬の感触で一気に印象が変わってしまうことも…。

 

「痛い!」と思われてしまうと,それだけで無意識にストレスが溜まってしまうものです。

 

 

そして,それは他人だけでなく,自分自身に触れた時も同じ。

 

自分の手で自らを傷つけて,気付かぬうちに小さなストレスを溜めてしまう。

とても勿体ない行為です。

 

学生時代,フェイシャルマッサージの授業で小林照子先生に教わったケア方法があります。

 

それは,お手頃な物で良いので,乳液をこまめに塗ること。

 

 

先生が事務員をされていた時から実践されているとのこと。

そのふっくらした手に触れさせてもらって,私もこんな手になりたいって思ったんです。

 

オイルでも良いのですが,お仕事中だと油分が気になると思うので,

日中は乳液,夜にネイルオイルやハンドオイルのケアがおすすめです。

 

また,クリームは既に潤っている手には合いますが,

乾燥を感じる時は,感触が柔らかい乳液で先に保湿を行い,

そこにクリームでふたをしてあげると良いですよ。

 

 

柔らかな指先で,ご自身も周りの人もちょっと嬉しくなる。

私も乾燥肌なので,この冬も乳液ケアは続けていきます◎

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA