「アロマの専門用語が、逆に文章を読み解く助けに」

Pocket

 

デザイナー・セラピストの小林彩子さん

「英語でアロマ読書会」のご感想を投稿してくださいました◎

 

会社員時代、英語の電話がかかってくると、
「間違い電話です」とガチャ切りしそうになったぐらいに、英語アレルギーの私。

ラジオの基礎英語レベルも危ういのにと思いつつ、おっかなびっくり、

そんな会に参加してきました。

 

 

今回のテーマは、「レモングラス」について。

みんなで持ち寄った、いろんなメーカーのレモングラスを嗅ぎつつ、
英語の文を読んでみました。

 

全部の単語を訳そうとしないこと、
わかる単語から内容を推測してみること、
段落ごとに見て結論が書いてありがちな場所をまずチェックしてみること…などなど、

「英語の構造に慣れるコツ」を友恵さんに教えていただき、読む勇気が出てきました!!

 

 

そして一般の人なら引っかかるはずのアロマの専門用語が、

逆に文章を読み解く助けになりました。

 

シトラール、ミルセン、アルデヒドなどなど…
辞書を引かなくても「ここは成分のこと言ってるんだな〜」とわかって、助かりました。

 

 

実は、いつか英語で読んでみたいアロマの資料があるのです。
道のりは長いけれど、それが読める日を楽しみに「英語でアロマ」、続けてみたいと思います。

 

(許可を経て掲載しています)

 

 

彩子さん、ありがとうございました!

 

彩子さんはこの日精油をたくさん持ってきてくださったんです。

話題も豊富で、いつお会いしても新鮮なお話がたくさん!

ご一緒できてとっても楽しかったです!

彩子さんが今取り組まれていることは、

私も含めて多くのセラピストさんにとって関心が高いことだと思います。
国産精油に関心がある方は必見です◎
小林彩子さんのブログ→https://ameblo.jp/flavour-design/

 


「英語でアロマ読書会」

 

午後のひととき。

 

毎月のテーマに合わせて持ち寄った精油を嗅ぎ比べたり,

テーマに関する英語文献を一緒に読むことで,

 

ひとりひとりが

新たな視点を得たり

理解を深めたりする時間(になったら何より)。

 

そんな「アロマ×英語読書会」を,毎月開催します。

 

9月のテーマは「ネロリ」です。

 

アロマセラピーやハーブ,植物に関するお仕事をされている方に限らず,

「何となく興味がある」という方もご一緒できたら嬉しいです◎

 

 

ネロリは、ビターオレンジの花から採取されます。

貴重な香りに包まれたひと時を過ごしませんか◎

 

今回は,こちらの本(用語集みたいな物)の記事を一緒に読みましょう。

 

1記事が短いので,英語が苦手な方もグループで一緒に読めば,

読み切れると思います。

少人数なので,ゆっくり丁寧に進めていきます。

 

 

私も英語が得意な方ではないですが,

・興味がある内容で

・量が少ない記事

から読み進めていくと,少しずつ慣れると思います◎

 

事前にコソ勉しなくても大丈夫です笑。

 

色々書きましたが,気軽に話しながら過ごせる時間にしたいです。

とりあえずでも興味があった方は,ぜひお問い合わせくださいね。

 


 

【英語でアロマ読書会~ネロリ~】

日時:2017年9月24日(日) 15:00~17:00

(終了時間は前後する場合がございます)

場所:nanaichi(西武池袋線大泉学園駅近く)※お申し込み後にお伝えします

定員:数名(残2名様)

ご参加費:2,000円(ネロリの精油お持ちの方1,500円)

※本数に関わらず,一律1,500円です。

 

 

☆ご予約はLINE@でも☆

通常のご予約・イベントのお申込み全て承ります。

ID=@nanaichi(@マークを忘れずに入れてください)

友だち追加

 

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

練馬区大泉学園駅 終電まで営業
「ホリスティックケアラボ.nanaichi」

アロマ・クレイ・ハーブで,ため込まない私になる

・ メニューのご案内

・ ご予約状況

・ ご予約・お問合わせ

Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA